成蹊LIFE

成蹊大学は学費が高い? 他大学との比較

school-fees

大学を決める際に子どもといえども多少気にするのが学費です。
親に払ってもらうとはいえ、国公立の方が負担が少ないやら、学費の負担を抑えるスカラシップがあるやらと、色々な予備知識から悩んでしまうものです。

今回は成蹊大学の学費について調べてみましょう。

初年度にかかる費用

初年度にかかる費用は入学金、授業料、施設費、設備費があります。中でも入学金は入学時にのみかかる費用です。
成蹊大学に支払う初年度の費用は以下の通りです。

  • 入学金:200,000円
  • 授業料:795,000円
  • 施設費:180,000円
  • 設備費:60,000円
  • 合計:1,235,000円

初年度は入学金に加え、施設費や設備費も2年次以降よりも高くなっています。
合計が120万円程度というのも、一般的な文系私立大学の平均的な金額だといえるでしょう。

なお、理系学科の場合は、別途費用の設定がなされています。
以下を参照してください。

  • 入学金:200,000円
  • 授業料:1,040,000円
  • 施設費:310,000円
  • 設備費:130,000円
  • 合計:1,680,000円

圧倒的に高いですね。授業料が文系に比べて大幅に高いこと、研究室などの兼ね合いで施設費・設備費も高額になっています。
ただ、単純な額面費用だけ見れば文系を選びがちですが、文系よりも理系のほうが授業をサボれる率が低いので、費用に対する勉強という利益は大きいかもしれません。

関連記事

  1. employment 成蹊大学の就職は氷河期に勝てるか
  2. ww 成蹊大学の偏差値やらなんやらを紹介
  3. 3 成蹊大学の著名な卒業生や有名人
  4. ms-seikei2015 ミス成蹊コンテスト2015
  5. estimation 他大学から見た成蹊大の評判
  6. gakuen 成蹊学園って知ってる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP